日本の家紋大全

日本の家紋大全日本の家紋大全
内容情報】(「BOOK」データベースより)
平安時代、貴族社会に生まれた紋章は、武家社会になると、戦場での目印として使われ家紋として発展しました。江戸時代には、下級武士や町人たちも使うようになり一般化し、現代に至っています。戦後、核家族時代を迎えて、家紋が「地盤沈下」した感もありますが、そのデザイン性の高さから、外国からの注目も集めています。祖先のルーツを知る手がかりに、冠婚葬祭のときに活用するために、また、戦国武将たちの家紋は、歴史好きのみなさんにも楽しんでいただけることでしょう。家紋5116紋収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 植物編/2 動物編/3 自然編/4 建造物編/5 器物編/6 文様・図象編/7 文字・図案編

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本田総一郎(ホンダソウイチロウ)1937年(昭和12年)、大分県に生まれる。早稲田大学卒業。神社祭祀、民俗伝承、生活文化など土着の日本文化を研究する民俗学研究家。本田民俗学研究室室長、日本風俗史学会・日本生活学会会員、「日本の祭りを守る会」主宰などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。
さらに詳しい情報はコチラ≫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。