家紋 本カテゴリの記事一覧

家紋とは

家紋とは、特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章のことです。

その始まりは公家が牛車に紋を飾った平安時代初期に遡ります。平安末期になると武士が旗に紋を入れて敵との区別を図るようになりました。

日本の家紋の種類は2万とも3万とも、それ以上だとも言われています。

家々の歴史と伝統を子孫に伝えるという大きな役割を果たしている家紋にもっと興味を持ってみませんか?

まずはこちらが参考になります。
 ↓
日本の家紋大全日本の家紋大全
本田 総一郎
梧桐書院 刊
さらに詳しい情報はコチラ≫
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。